2012年06月10日

「第5回かいぬし塾」に行ってきました〜第1回から第4回も併せて振り返るから長いのだ覚悟せよ〜

6/9(土)DLC−PROさんの「第5回かいぬし塾」に行って参りました犬(笑)


ビル入り口の案内ボード
IMG_6188.jpg


講師は高山先生顔(イヒヒ)
関西のノリで毎回楽しい講義をしてくださってます。

右高山先生のブログ「わんこも、そして飼い主さんも」

第5回、ということは・・・もちろん1回〜4回がこれまでありました。

私ね、第1回から皆勤賞なんですぴかぴか(新しい)
いつもとっても楽しくってるんるん時間が経つのがあっという間exclamation
そして・・・毎度考えさせられる講義で。

これまで、きちんと記事にしてなかったので(覚え書きはしてたのだけど・・・)、
今回を機に、全てを振り返りつつ記しておきたいと思いますペン


第1回 '11/5/15 「たとえばこんなしつけの話」
第2回 '11/9/17 「行動の原因を考えてみようじゃないか」
第3回 '11/12/10 「今、ここから」
第4回 ’12/4/11 「広い世界を見るのだ」
第5回 '12/6/9  「I wonder what will happen if・・・」


先ほど「全てを振り返りつつ・・・」と言いましたがカラオケ
回を重ねる毎に、少しずつ掘り下げながら一貫したテーマについて
お話をしてくださってると思っています。

毎回「これまでの復習」的なお話をしてくださいました。
次回もきっとそうでしょう・・・残念ながら、次回で最終回だそうですが顔(泣)

これまで出席されてなくても、高山先生の講義は
とても楽しく聞く事ができるはずです。
高山先生は、専門用語を使われますが、そのことについて本当にわかりやすく
噛み砕いて説明してくださいます。

・・・それでも、こちら素人なので、こんがらがる事もあるのですが顔(なに〜)

「分かったような気になって帰らないでくださいね」
「分からない事は『わからないんですけど・・・』って聞いてくださいね」って
言ってくれはりますかわいい


フリードリンクコーナー
IMG_6189.jpg


ということで、「分かった気満々」かもしれない私ですが(え?それって・・・顔(なに〜)
これまでの5回を受講して来て感じた事、思った事を
まとめてみますペン

用語についての説明などは、一切しません
(てか、とてもじゃないけどできませーん顔(なに〜))。

私とルークの生活において・・・「犬と暮らす人」として
ずっとこうありたいなぁ、と思える考え方、
捉え方だなぁと感じてきた事を
講義中にあったお話を例に出させていただきつつ、記しますペン



犬(足)犬(足) 犬(足) 犬(足) 犬(足) 犬(足) 犬(足) 犬(足) 犬(足) 犬(足)



自分の犬に「問題」がある犬(怒)
その時、つい、「こうしたらいいですよ」という、「やり方」「答え」を
求めてしまいがちだけど。

十人十色といいますが、犬も犬それぞれ。
その犬にあったやり方をするべきで・・・

「褒めてるのに」「なでてるのに」「おやつあげてるのに」
問題行動は、一向に良くならない。。。

なんで?

「良くならない」ということは・・・犬にとっては
褒めた事になってない、という事。

自分の犬は「何をしたら」喜ぶ?ご褒美になる?

うちのは食べ物。うちのはボール遊び。うちのは撫でる事。
うちのは「いいコだね」っていう言葉。。。ぴかぴか(新しい)

それぞれなのだから、それぞれが喜びになる
「褒める」を用意しなきゃねプレゼント

人がやってみたことが正解かどうかは、犬が決める事犬(笑)

だから・・・人は安直に「答え」を求めるのではなく、
「考え方」「導き方」つまり「答えの出し方」を知るべきだよね?

だって、それぞれなんだもの。

それでね。

「今できること」を「認めてあげること事」って、とても大事。

「あれができない」「これもできない」って考えてると
・・・叱りたくなっちゃわない?

叱っても、良い事は何にもないよ顔(ぷんっ)

だって、叱ったところで、
犬には「人がやって欲しいこと」が分からないから。
「やって欲しくないこと」について、ガミガミ言われたり、叩かれたり・・・
犬にとってはいいこと何もなくって、人も気分が悪くなるだけ。

あぁ、またうちの犬は・・・って、否定的な気持ちが残るだけ。

だけど「こんなことができた」「あんなことができた」って考えたら
「褒める事」しかする事がないよね?

「今できること」を認めて、褒めてれば
犬の良い行動は強化されて・・・気がつかないほどの小さな一歩でも
着実に前に進んでいるはずだからダッシュ(走り出すさま)

言った事に対して、犬が言った通りの行動をしたら、褒めてあげなくっちゃ。

その「褒め」は、人の自己満足ではなく「犬が本当に喜ぶもの」を用意して。

褒められたグッド(上向き矢印)って犬が感じてなければ
褒めた事にならないのだから。


お昼ごはんは神田「升亀」へレストラン
IMG_6192.jpg


たとえば。

「うちの犬、ゴミ箱を漁るんです。どうしたら漁らなくなりますか?」

・・・ふーん。

でもさぁ・・・

ゴミ箱をふた付きにしてみたら?
ゴミ箱を絶対に犬の届かない高さに置いてみたら?
はたまた・・・犬の行動範囲にゴミ箱を置かないようにしたら?

犬にどうこうさせようとしなくても
ゴミ箱、絶対漁れなくなるよね顔(イヒヒ)

またまた・・・たとえば。
「うちの犬、靴を噛んでイタズラするんです。
どうしたらイタズラしなくなりますか?」

・・・ふーん。

でもさぁ・・・

靴を出しっぱなしにしないで、片付ければ
絶対イタズラできないよね顔(イヒヒ)

犬にだけ「あれしちゃいけない」「これしないでほしい」って求めると
「犬にやってもらいたい事」が多すぎて、かえって大変じゃない?

それよりも、人側の考え方や環境を変えることで、
犬は何も変わる事無く、解決する事もたくさんあるよね。


私はアジフライ定食(小ライス)をオーダー。
アジフライは4尾魚
小ライスで普通盛りかな?
なーんとexclamation×2520円也手(チョキ)ごちそうさまでしたわーい(嬉しい顔)

IMG_6191.jpg


犬が唸ったり、噛んだりするんです・・・っていう場合は・・・

どうしたらいいんだろうね?

まず、なんで犬は唸ったり、噛んだりするんだろう?

そう言うとね・・・
時に、こんなことをいう人が、いるかもしれない・・・ていうか
いるんだ、本当に。

私も、言われたことがある・・・顔(チラッ)

飼い主のことをなめてるからです顔(ぷんっ)
犬がリーダーになろうとしています顔(ぷんっ)

・・・んなわけない顔(なに〜)


犬は、唸ったり、噛んだりしたら、
犬にとって「されたくないこと」から逃げられるから、
唸ったり、噛んだりして、「嫌だよ」ということを
伝えてるだけカラオケ

人は、犬が「何をされたくないか犬(怒)」を考えなきゃ。
犬が「何のために」唸ったり、噛んだりするのか、考えなきゃ犬(泣)

犬が繰り返ししている行動に、犬の「考え」はナイんだって。
行動「している」、のではなくて、
行動がきっかけによって「起きている」んだって。

でも・・・どんなに犬が「されたくないこと犬(怒)」でも
人はしなきゃならないこと、もある顔(汗)

ブラッシングとか、爪切りとか、お手入れなんかはそうだよね。

どこまでなら犬が許してくれるかを探って
ちょっとずつ、本当にちょっとずつ、馴らしていかなきゃ。

人も犬も、ちょっとずつのスモールステップで
馴れていこう顔(笑)


でも・・・吠えたり、噛んだり、本当に本当に
悩んでしまって、人が大変になってしまった時はがく〜(落胆した顔)

自分だけでどうにかしようとするのではなく、トレーナーさんと取り組もうひらめき

自分のとってる行動は、自分では気がつかないもの。
記録を取ったり、ビデオを回したりして、自分を客観的に見る事も必要だけど。

プロであるトレーナーさんは、様々なケースに対応してきているから
自分と自分の犬を客観的に見てもらって、対応策を考えてもらおう。

そのためのトレーナーなんだから。

で・・・罰を使わない、信頼できるトレーナーを探そうねサーチ(調べる)


ぼかしてみたり.jpg


犬が吠えて「あーもー!うるさい!」ちっ(怒った顔)と思ってる場合・・・

一切、吠えないようにしたい、というのは、絶対に無理な話顔(汗)

人が喋るように、犬は吠えるものだもの犬(笑)

だから、人は「せめてコレができるようになったらいいんだけどなー」
って感じで、目標を立てよう。
「せめてこうなってくれたらなー」って感じで、考えよう。

「そこそこでヨシ」とすることも必要だよね。


例えば「チャイムの音が鳴ったらるんるん吠えて吠えて仕方がない」場合。

「鳴ったよ!わんわん!」と、知らせてくれるくらいは、
まぁいいかGoodとしよう。

でも、「鳴ったよ!わんわん!ねえ、鳴ったよ!わんわん!
わんわん!ったらわんわん!」・・・って、吠えるのは
やっぱりやなんだよなー。顔(汗)

そしたら。

「鳴ったよ!わんわん!」の後、吠えるかわりに「オスワリしてマテ」
ができたらいいんだけどなー。。。って、考えるひらめき


いや、でも、わんわん!って「吠え続ける」・・・って言いましたか?
いやいや、息を吸って、吠えてない「瞬間」も、あるはずだよねひらめき

まずは、そこを褒める、くらいから始めなきゃexclamation


散歩中、横について歩いて欲しいんだけど・・・犬(足)

犬は、散歩中、ずうーーーーーーっと、人の横にいなきゃダメ?

そんなこと、ないよね?

声をかけたときに、横にもどってきてくれたら、いいんだけどなー。。。
って。考える。

いや、「瞬間吠え止んだ」って、そんなのホントに瞬間すぎて!
いや、でも呼んでも戻ってきませんから!

あぁーーーそうですかあせあせ(飛び散る汗)
確かにそうです、おっしゃる通りたらーっ(汗)

じゃ、おやつホネ使ったらどうかしら?

おやつみせたら吠え止んだ・・・犬(笑)
おやつがあれば、戻って来た・・・犬(笑)

それならおやつホネ使えばいいじゃないるんるん

人だって、目が悪い人は、メガネがないと生活できないでしょ眼鏡

「おやつがあればできる」「助けがあればできる」なら
それでいいじゃないぴかぴか(新しい)


DSC01771.jpg


犬を褒めるためにはどうしたらいいかしら?と考えよう。
褒めることを「手段」にしないで「目的」にしよう。

そう考えると・・・「できること」から、始めなきゃダッシュ(走り出すさま)

そこから、スモールステップで、やっていかなきゃカメ

進みすぎて失敗しちゃったら・・・?
できたところまで戻って、またそこから始めたらいい犬(足)

なるべく失敗をさせずに、「できることを褒め」よう(強化しよう)。

失敗は、できるだけさせないほうがいい顔(汗)
犬は誤学習をしちゃうから・・・

たくさんの「できた♪」は、犬だけでなく、人の自信に繋がるGood

最初は自信がなくて当たり前。
いきなり本番を迎えない。

たくさんの「できた♪」を経験して、自信をつけよう、人も犬もひらめき

無理をしすぎず、頑張りすぎず、焦らず、時にサボってもいい。
けど、決して諦めないこと。決してやめちゃわないこと。

淡々と、やり続けること。


ジャミヤ風.jpg


自分の犬に「どんな犬」犬(笑)になって欲しい?

「吠えない犬になってほしい」「噛まない犬になってほしい」
・・・これじゃ、ダメなの顔(汗)

「〜しない」は、目標にしない。
目標はかならず「〜できる」「〜する」にすることぴかぴか(新しい)

犬の「問題とされる行動」ってのは、じつは犬らしい行動だったり
犬の本能に基づく行動だったりするものが多い。
でも・・・人には都合の悪い事が多くってねぇ顔(汗)

本来、犬がやりにくいことを、人は犬にやるように
求めていることが多いよね顔(汗)

問題行動は「やめさせたい」けれど・・・
「問題行動に変わる行動をさせる」と考えるようにしようひらめき

「なんでできないの?」と考えるのではなく
「どうしたらできるかな?」と考えるようにしようGood

「あれしちゃダメ」「これしちゃダメ」って言われたら
人だって息苦しいよね?顔(泣)

問題行動に変わる「行動」をたくさん用意する事ができたら。
褒める事がたくさんできて、人も犬も幸せなんじゃないかなかわいい

問題行動をしている時は・・・犬が学習経験をするチャンスexclamation

人は大変かもしれないけど、回数を重ねて、経験を重ねて
でも、失敗を防ぎつつ、人も犬も、馴れていこう犬(笑)

回数を重ねて、経験を重ねて、馴れたと思ったけど・・・
ダメだった顔(なに〜)

それは・・・その犬には、まだ回数が足りてない、経験が足りてない
という事顔(なに〜)

その犬、その犬によって、要する回数や経験は違う。

これは・・・人が「これくらいでいいだろう」と
決められる事ではない顔(ぷんっ)

人が用意した物で足りてるかどうか?は、犬が決めること犬(笑)

すべては「目の前の自分の犬」が答えを教えてくれる犬(笑)

回数をふやすこと、経験をたくさんさせることぴかぴか(新しい)

先にも書いたけど、本当に大変かもしれないけれど・・・
これは飼い主にしか、できないこと顔(チラッ)

できないことがいつまでもできない・・・そんな場合は
人が用意している条件が悪い顔(なに〜)

人は「これでできるだろう」と、思っているかもしれないけど・・・

できる、できない、は、犬が決めること犬(笑)

人に気合いが足らない、とか、熱意が足らないとか、
そういうことではないパンチ

犬がバカなわけでもない爆弾

はたまた、犬との信頼関係ができてない
というわけでもないどんっ(衝撃)

犬の反応を見て、伝わってないならやり方を変えて
取り組み続けるしかないいい気分(温泉)

「君が求めている事は何?」という立場に立ち続けて
「犬の喜ぶこと」を常に探し続けよう眼鏡

「できること」の積み上げから、信頼関係ができる。
信頼関係は最後にできるものだから・・・ぴかぴか(新しい)

「これをやったらうまくいくはず!」ではなく・・・
しばらく取り組んでみて、ダメなら違う方法をやってみればいい。

焦らず、淡々と。
のんびりと、やり続けること
Good


犬(足)犬(足) 犬(足) 犬(足) 犬(足) 犬(足) 犬(足) 犬(足) 犬(足) 犬(足)


実際のやり方やアプローチは、行動分析学に基づいて
高山先生が具体的にお話をしてくださいますカラオケ

自分の犬について、質問することだってできますひらめき

用語や用法を正しく理解することは、人が努力しなくてはならないことだけど
意外と・・・本に書かれてても、間違ってる事ってあるそうです顔(なに〜)

用語や用法を、きちんと説明できるように・・・は、
今でもこんがらがってる事があるので顔(なに〜)
なれないと思うけど・・・
先生のおっしゃる、考え方や、犬との取り組み方については
間違えないようにしていきたい犬(笑)

私には、幸運なことに、既にお世話になっているトレーナーさんが居て
私とルークの暮らしを見守っていただいてますわーい(嬉しい顔)

もちろん、犬を壊さない方法でやってらっしゃるトレーナーさんです。

右チャーリーママさん
「私は社会化のドッグトレーナー」




高山先生は、元、バッキバキのあせあせ(飛び散る汗)訓練士さんだったそうですが・・・

あることをきっかけに、チョークチェーンを使用しないことにされたそうです。

その「あること」については、これまでの5回中、毎回・・・とは言わないけど
3回は、お話されたと思います耳

先生の実体験に基づくその「あること」は、
私はいわゆる訓練系のトレーニングを受けた事はないので
想像でしかないのだけど・・・
先生の感じたであろう衝撃は、大きかっただろうなぁ、と
思わずにいられないお話です。

だから、というわけではないかもしれないけれど。。。

犬を壊さないやり方は、人も壊さないぴかぴか(新しい)って
私は思っています。

だから私は、このやり方で、ずっとずっと取り組んでいきたいなあと
思っていますGood


「かいぬし塾」最終回は 9月9日(日)で決まってるそうですend

興味を持たれた方は、ぜひ DLC−PROさんのHPをチェックしてくださいねわーい(嬉しい顔)

そのうち、出席者募集の案内が出ると思います(まだ出てないよー)Hello

DLCーPRO右かいぬし塾

もちろん、私は出席予定ですダッシュ(走り出すさま)
発表になったら、すぐ申し込みますよsoon

高山先生、今回も楽しい時間をありがとうございましたわーい(嬉しい顔)
そしてご一緒いただいた皆様、モーニングにランチにと
こちらも楽しい時間をありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

次回が最終回なんて、寂しいですが・・・楽しみにしておりまするんるん





ニックネーム アズアズ at 02:11| Comment(2) | 犬についてお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする